図書印刷の課題
弊社が株主として株主価値向上のために京阪神ビルに期待すること
① コーポレートガバナンスの改善
② 例えばREITを用いた保有不動産の潜在価値の適正化

弊社の提案-例えばREITによる不動産潜在価値の顕在化

 株式市場は、当社において規律なきガバナンス体制を背景に低利益率が続いていることなどから、当社の価値を低く評価しているのだと考えられます。一方で、当社が保有する不動産の潜在価値は大きく、その価値を顕在化することで株主価値を向上させることができると考えています。
 弊社としては価値の顕在化のために、当社が保有する不動産をフェアバリューで売却していただくことが望ましいと考えます。
 以下は、弊社が潜在価値の顕在化のための手段の1つとして、REITを設定すること等を提案した際の資料です。当社は保有している不動産を対象として設定したREITにフェアバリューで売却し、当社が非上場のREITの運営会社として生まれ変わることで、現在評価されていない不動産の潜在価値を顕在化し、株主価値を向上させることを提案しました。

  • 株式会社ストラテジックキャピタル


このサイトは、
2020年の株主提案
に関するコンテンツを含みます。

PAGE TOP